一般社団法人 国際ホリスティックセラピー協会

特別講師の紹介

  • 瀧本修

    慶応大学女子ホッケー部コーチ
    ファンクショナルトレーナー・プロフィットネスコーチ

    初動負荷理論を考案した小山裕史氏の下で15年間スポーツコンディショングとトレーニング理論を学んだ後、独立し自身のトレーニングジムを開設、プロ野球選手、オリンピック選手をはじめ多くのアスリートの指導を行う。
    トップ選手ほど「正しい動作を簡単に行う。」当たり前の事を自然に出来る事に意味があるという、独自の理論を構築し、スポーツを長く続けられるような正しい身体の使い方メソッドを構築。パフォーマンスアップ、ダイエット、シェイプアップ、肩こり腰痛改善など幅広い分野で活躍中。

    【関連リンク】 ヒューマン パフォーマンス ラボ(HPL)

  • 谷間修裕

    税理士

    平成2年 谷間公認会計士事務所へ従事。
    平成12年税理士資格取得。
    同年谷間税務会計事務所を開業。
    平成13年谷間公認会計士事務所と合併谷間総合会計事務所へと商号変更。
    現在に至る

  • ダンカン・ウォン

    Yogic Arts
    ヨギックアーツ ヨガシステムの創始者

    カリフォルニア生まれの中国系アメリカ人。
    幼少の頃より、父の影響からマーシャルアーツをはじめ、様々な武道を経験する。
    10代の頃にヨガと出会い、以後20年以上に渡り自己鍛錬と、カリスマインストラクターとしてのティーチングスキルを磨く。
    そして、彼が24歳の時にそれまで経験してきた、ヨガやマーシャルアーツに、タイ式マッサージの要素を融合させた、全く新しいヨガシステム「Yogic Arts/ヨギックアーツ」を確立。
    現在、ヨギックアーツは世界中で実践されており、ダンカン自身もアメリカやヨーロッパ、そしてアジアを中心に、自らワークショップやティーチャーズトレーニングを開催し、活躍中。 日本では2005年に始めてヨギックアーツが紹介され以後、定期的にワークショップを開催中。
    ストイックでスピリチュアルなヨガの部分と、アクロバティックでリズミカルな武道の要素が融合し、 神聖さの中にも楽しさのあるメソッドとして、日本全国で生徒が増え続けている。

    【関連リンク】 ヨギックアーツ/ダンカン・ウォンの日本公式サイト

  • chama

    TOKYOYOGAディレクター
    ヨガインストラクター

    東京を中心に活動しなががら日本各地のワークショップで指導し、アジアヨガカンファレンスや横浜ヨガフェスタ、YogaAidなど国内外のイベントでも活躍するヨガ講師。
    『アシュタンガ・ヨーガ実践と探求』『アシュタンガ・ヨーガインターミディエート・シリーズ』の監修者。また、ヨガの普及を目的とした(株)TYGの代表取締役としてヨガスタジオ&ヨガショップ『TOKYOYOGA』(渋谷・青山・大阪・伊豆高原)の運営、ヨガのフリーペーパー『YOGAYOMU』発行、ヨガのダイアリー『ヨガ手帳』の制作、ヨガブランド『samavsm』のディレクションなど、さまざまなツールを通じてヨガを広げる活動を行なっている。
    『YOGA AND MUSIC in 東北』の発起人として、ヨガを通じた被災地支援活動にも携わる。

    【関連リンク】 chamaのブログ
    samavsm / サマビズム

  • 仲井康二

    米国公認Doctor of chiropractic
    米国公認カイロプラクティック協会公認スポーツ認定医(CCSP)
    国際アプライドキネシオロジ-協会 会員
    日本カイロプラクティック徒手医学 会員

    業界で知らない人はいないというほど有名なカイロプラクター。
    米国クリーブランドカイロプラクティックカレッジLA校を卒業、資格修得後、ロスアンゼルスで臨床経験を積み、その後、セサミカイロプラクティックオフィスを開設、現在に至る。
    セサモイドカイロプラクティックジャーナル編集長や講師など多岐にわたり業界の発展のためにも活動している。

    【著書】 「ダイレクトテクニックpart1」
    「ダイレクトテクニックpart2」
    「カイロプラクターを目指して」
    その他、翻訳本 多数

    【関連リンク】 セサミ カイロプラクティック

  • 中島正明

    米国ヨガ研究所スタッフティーチャー
    「チベット・ハート・ヨガ」米国クリパルセンター
    全米ヨガアライアンス

    18歳で渡米。日本とアメリカを行き来する生活を送る。 そのうち、通訳/翻訳を生活のための生業としながらも、世の中のゆがみに気づき始め、NGO活動を始める。テーマは地球温暖化の防止。 いわゆるスローライフを地で送っているツバルやサモアなど南太平洋の島々、貧困と富のギャップが大きい南アフリカ、お金やものはなくとも子供たちの笑顔がとってもキラキラしていたフィリピンやタイ、インドネシアなど、30ヶ国以上を歴訪。 その現状を日本国内に伝えたり、国連温暖化会議などの国際会議で活動する。
    そうして活動をする傍ら、ナチュラルなライフスタイルを模索して、ヨガに出逢う。 個人的な生きる指針としてのヨガの奥深さに惹かれ、自己探求を深めるうち、NGO活動を通して目指していた平和につながる個人のあり方や自然とつながる感覚を醸成するヨガの可能性に気づく。 これが現在社会の抱える様々な問題の解決に貢献すると考え、ヨガを通した社会貢献をライフワークとするを決意。 様々なヨガスタイルを自由に取り入れ、生きていることの豊かさや命のつながりを気持ちよく感じられるようなヨガを提供することを模索している。現在は素晴らしいヨガと瞑想の導師に付いて体験を深めると共に、禅を実践する日々を過ごしている。

    【関連リンク】 ヨガ・瞑想ティーチャー 中島正明の公式サイト

  • 長島美由紀

    管理栄養士

    約7年の病院勤務。
    前職中に、臨床での食事療法にとどまらない栄養摂取の重要性を認識し、医師が栄養療法で利用できる良質なサプリメントの商品開発とともに、講演活動などで食生活、調理・献立の観点からも総合的に正しい栄養摂取の方法を実践的に伝えている。

  • 仲田健

    ストレングス&コンディショニングコーチ

    大学在学時は陸上部、円盤投げで活躍。 学生時代アルバイトをしていたスポーツジムでのちに阪神タイガースを代表とするスラッガー、桧山進次郎選手と出会う。 その桧山選手がトレーナーとしての道への思いを支えてくれた。 30歳から始めたチアリーディングでは第1回チアリーディング世界選手権金メダル、第3回では銀メダルを獲得するなどトップアスリートとして活躍。

    【指導実績】 桧山進次郎選手(阪神タイガース)
    名城信男選手(元WBAスーパーフライ級チャンピオン)
    石川遼選手(プロゴルファー)
    金田久美子選手(プロゴルファー)
    竹村真琴選手(プロゴルファー)
    脇坂寿一(レーシングドライバー) ほか多数
    自身も第1回チアリーディング世界選手権金メダル、第3回では銀メダルを獲得する等トップアスリートとして活躍

  • 平賀多真紀

    モンテセラピー協会認定インストラクター

    美容インストラクターとして長年勤務し、現在は『自信を持って輝ける女性をサポート』をテーマに、美容技術スクールを運営しながら、現場経験の大切さを感じセラピスト活動も行っている。
    スクール内では東洋医学の考え方を取り入れ、経絡・筋肉・バランスに着目したアプローチ方法とエステティックを融合させた経絡リンパ美容術の素晴らしさを伝えてる。

    【講座紹介】 経絡リンパセラピスト養成講座、モンテセラピーセラピスト養成講座
    かっさ講座(ボディ・フェイス)
    ヘッド講座(座位・寝位)
    自宅やイベント出展したい母親向けにママセラピスト育成講座も開講している。

  • 湊有紀

    東京都出身 札幌在住

    StudioINEX主宰(札幌)
    Yoga Studio LAsMiLeアシスタント講師(富山)
    ヨガテコアンバサダー

    全米ヨガアライアンス認定RYT200
    全米ヨガアライアンス認定E-RYT200
    IYCヨガベーシック指導者養成コース
    IYCキレイになるヨガ指導者養成コース
    IYCハタヨガ指導者養成コース
    IYC108時間指導者養成コース中級(レベル3)
    IYCラジヨガ指導者養成コース
    FTPマットピラティスベーシック養成コース
    FTPマットピラティスアドバンス養成コース
    YogaEdキッズヨガ
    ACOYOGAテンセグリティ・ヨガ指導者養成講座 他

    ダイエットの為に通い始めたクラブのプログラムのひとつであるパワーヨガを受講した事がヨガとの出会い。
    カラダはもちろん、何よりココロが日増しに変化していく事に驚愕を覚えた。
    数年後に拠点を札幌へと移し、同時にヨガ指導を開始。その翌年にはStudioINEX(INHALE×EXHALE)を開設。それをきっかけにアシュタンガヨガ、ケン・ハラクマ氏に出逢い、以降師事。
    現在は「月経血ヨガ」を考案し、札幌を拠点に活動の場を各地へ広げ、指導者育成に努めている。
    目の前にあることを楽しみ、「待つ」事を怖れずさまざまな風になびくことのできる折れない強さ、それが魅力であり、多くの人から支持されている。
    また日々のプラクティスを続け、ひとりの女性として、妻、母親として、何役もこなしながら発する言葉はヨガそのものと言える。
    活きた言葉が多くの人を癒し、生きる力を与え、生きる楽しさ素晴らしさを伝える。
    クラスでは、スタジオが凛とした空気に包まれ、心と身体の処方箋となるような言葉に心が震える、と評価される。

    【関連リンク】 StudioINEX HP
    Yoga Studio LA sMiLe HP
    オフィシャルブログ「晴れ時々ヨガ」

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4