一般社団法人 国際ホリスティックセラピー協会

セミナー詳細情報・申込

健康 美容 癒やし 心理・メンタル ヨガ 整体

2112013【横浜校】峯岸道子の「肩関節の準備動作」[RYT500対象/3時間]

開催エリア
:関東エリア
開催場所
:YMC横浜校
開催日
: 2021年12月11日 14:30〜17:30
持ち物
:動きやすい服装、筆記用具、お飲物
このセミナーに申し込む

「本当の意味で怪我の予防に繋がる準備」とは?ヨガスクールの講師育成も担当する峯岸先生から学びます!

イメージ
講師:
峯岸道子

フィットネスエクササイズの草分け的存在として活動後、2000年沖ヨガ指導者認定を受ける。
フィジカル的なアプローチを得意とし、35年以上の現場指導から学んだ自らの実体験、経験値から生み出される身体操作法、コンテンツの数々はワークショップや指導者育成でも人気を博している。

峯岸独自の身体操作法は、ヨガのスタイルをより自由にし、「全ての人の為にヨガはある」 というビジョンのもと、辛いなら辛くないような、安定しないなら安定するような、常に参加者に寄り添う形で生み出されたものとして、国内外でも高い評価を得ている。

独自性のある型破りなプロップス使いも評判で、2010年に「ヨガ棒」を考案し、その活用法は肩の不調の緩和はもとより、ヨガのセルフアジャストメント、アスリートの為のツールとして、また関節可動域の改善、肩、肩甲骨の機能改善等、上記のメソッドの考え方も組み込んで幅広い活用テクニックを生み出し続けている。
今や「ヨガ棒」及び峯岸のメソッドの数々は、国内のみならず、海外にも多くの指導者が履修し指導を展開している。


「michiko style yoga協会 代表」
「ハンディキャップヨガジャパン代表」
「シグマストレッチ協会 代表」

AntiGravity®Fitness Japanのアドバイザー
イージーヨガのアンバサダー
Yoga Gives Backアンバサダー

主な書籍「年を取らないからだづくり」「笑顔の未来へ」「肩甲骨ストレッチ」等多数。

セミナー内容

●準備に入れがちな「肩・首を回す動作」●

何のためにこれを行っているか、説明することができますか?

「本当の意味で怪我の予防に繋がる準備」をするためにはどうしたらよいのでしょうか?

ヨガインストラクターのみなさんは、ヨガレッスンの最初に、首や肩周りなどをほぐす動作を取り入れていると思います。

例えば、肩を回す・首を倒して手で押したストレッチ・腕を回し上げたり下げたりなど・・・。

でも、肩周りの動きや機能、首の構造や可動特性を理解すると、実は「そうした動作には意味がない」とご理解いただけるでしょう。

的外れな動作は、故障の要因にもなってしまいます。

今回は、首と肩周りに特化させて、まずその部位の効果的で理にかなったリリースを進めます。

更に、そうして生まれた動きの改善が

「アーサナに、こんなにも深い心地よさと広がりを生みだす」

そんな感覚を得て頂きます。

【こんなアーサナを行います】

・普段行われている座位のシンプルなアーサナ
・ガルーダア―サナ
・ツイスト時のバインド
・アンジャネーヤサナ
・ウストラアーサナ
・ゴムカアーサナ   等 

【お持物】 動きやすい服装、筆記用具、お飲物

●RYT500に単位として加算可能なセミナーです。

セミナー詳細

開催日時

2021年12月11日 14:30〜17:30

定員数

15名

セミナー受講料

IHTA会員:7,000円

一般(会員以外の方):9,000円

開催場所

YMC横浜校

神奈川県横浜市西区北幸1丁目11-15 横浜STビル11階

アクセス地図

セミナーのお申し込み